123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-01-24 (Sat)

世の中の美しいトコも醜いトコも、
見えてきましたmiyaですコンバハーーン。


いやしかし
醜いトコがあるから、
美しい部分を「美しい」と感じられるんとちゃいまっか。
ちょっぴりセンチメンタルになって、
いつもよか複雑なことばっか頭で考えてます。
はい。







バンドで、主に歌詞とメロディを考えてるアタクシなんですがね。

歌詞を先に考えて、メロディをつけるのかぁ、
はたまたその逆で、先にメロディ作って歌詞を乗せるのかはぁ…



自由だぁぁぁぁぁぁー!!!






じゃなくってね。
すんません言いたかったダケ(笑)





つまり、それは作る人によって違いますよね。



もっぱらワタスは、メロディ→歌詞ですな。


与えられた伴奏を聴き込むと、
メロディが生まれてパスパス組み込まれていくんですね。

でソレをケータイのボイスレコーダー機能にて、すかさず録音。


おぅおぅ。
なかなか良い感じに入ったなぁ言うて、一旦終了するんです。




で、後日、改めてメロディを聞いてみるのね。

作ってる時とまた違う風に感じるんで、あれココ微妙やな~て思ったり、
ココはやっぱ良い感じ!このまま行こう!ってなったり。


そんで修正してメロディ完成させるんですわ。



メロディが確定したら、歌詞を考えていきます。



基本的にはサビから考える。

曲の主旨的なんは、やっぱサビに入れるべきな気がするんで。

メインで伝えたいこと先にAメロとかに入れてまぅと、
サビと似たよーな歌詞になってまぅからさ。


んで、サビにつながるよーな歌詞をAメロやらBメロに入れてくのです。



やからか、miya歌詞は、
全体的につながったお話的なモンに仕上がる傾向が、かなり強いですね。






んでもって、アタスの歌詞は、実体験から派生するもんが多いね。
出会って来た人の話で、自分がその立場に立って考えてみたり。
自分の当時の気持ちや考えであったり。
現在の思いだったり。

空想なんは、現在1つもナイんちゃいまっか。

おそらく。

作る時にね、これあの子想像して歌詞できそう。
とか
あん時の気持ちが歌詞になりそう。
とかね。


やから、歌うときは、その場面や人とのカラみが
鮮明に思い出されるのです。
そうすっと、おのずと感情も入るんですなコレがまた。

感情入り過ぎて、泣きそぉになってまぅ時もしばしば(失笑)。


ヘタクソでも、きっと入り込んで歌うってことが必要ですよね。
気持ちや感情に浸ってなかったら、タダ言葉を並べてるだけですもんね。


なんてエラそぉに書いてますが、
ライブでは緊張に押し込められ、感情込めて歌える状況じゃないんですわ。
歌詞飛ぶ恐怖&緊張と闘いながら。やな。


もっと成長したいデス。はい。


スポンサーサイト
| 音楽&バンド活動 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する