12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-12-25 (Thu)

2008_1215200812160035.jpg



今日、最後に受けた試験の結果が返って来ました。


すべて「合格」でした。


数回落とされて苦戦した最後のレポートも、
何とか合格をもらえました。



これで、履修が全て終えたことになります。


よっぽどおバカなミスが存在しない限り、
このまま2009年3月末日をもって、通信大学を卒業。

教員免許を取得できます。

最初に、「必ず最短の2年で卒業してやる」
という目標が達成できそうです。





長くてツラい2年間でした。

常に自分との闘いでした。

今まで経験ないくらい勉強したし、
今まで経験ないくらい我慢したし、

今まで経験ないくらい、孤独を感じた時期もありました。



通らなくていい道だったカモ知れません。
経験しなくてもいい苦労だったかも知れません。

でも自分に
「ケツ割らずに頑張ったなぁ」って言ってあげたいです。









教員免許取得のため通信大学に入学し、
他の人以上にシフトを融通利かせてくれて、
どうにか仕事と両立させようとしてくれた、前職の仲間や上司。


今まで以上に連絡できず、
付き合いが悪くなったmiyaに、変わらず誘いの連絡をくれた友達。


受験のことから講師登録等に関して、
メールや電話で沢山の情報をくれて応援してくれた、M君。


先に講師になって忙しい日々を過ごしているのに、
miyaが苦戦している科目のアドバイスや勉強法を教えてくれたN君。


もっと練習したりライブしたいのに、
「miyaの勉強の負担にならんで良い程度でね」って
言ってくれたBinちゃんはじめバンドのメンバー。


遠くから、いつも心配してくれて、応援してくれて、
相談にのってくれたユカッチ(姉)。
もぉイヤってなるたびに、ユカッチはmiyaを褒めてくれました。
褒めて伸びるmiyaは、いつもソレでやる気回復できました。


少ない休みにmiyaの気分転換のため、
ランチやカフェに連れてってくれたサッチ(姉)。
プゥ子のmiyaに気に気を遣ってくれて、いつもゴチしてくれました。
色々な遊びに誘ってくれて、サッチ仲間の輪にも入れてくれて。



家を出てからも、ズット心配して色々助けてくれた、
ふ~みん(母)と父上。
テストのたびに実家に泊まっても、
毎回温かく迎えてくれました。
勉強に集中できるよう協力もしてくれて。





そして、
1番近いところで、miyaの精神状態を支え続けてくれた
山口さん家のツトム君。
勉強漬けのmiyaのストレス発散のため、
仕事から帰って疲れていても、遊びに行ってくれたり、
延々とグチや話を聞いてくれたり。

どんな時も、miyaの味方でいてくれました。

孤独にならないように、
また明日から頑張れるように

褒めてくれて
なぐさめてくれて
励ましてくれて

特に仕事と勉強を両立してた時は、
すごいストレスだったので、しんどくなってよくワンワン泣いてました。
「自分が選んだ道だから仕方ないでしょ」なんて絶対言わず、
miyaが泣き止むまで、眠らずに起きてソバに居てくれました。





皆々様の励ましと優しさと応援と協力があったからこそ
成し得たことだと、ココロから感謝しています。


本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
| 感謝・感激 | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する