123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-11-19 (Wed)
緊急事態

続・緊急事態

上記の記事から数日後、
チョッパーの病状は一向に良くならんかったんデス。

相変わらず、尿が出ない。
お腹はパンパンで、苦しそうな状態が続いたそうです。


ユカッチは思い切って、二度目の手術を試みました。

麻酔の注射を打つことで死亡してしまう可能性もある中、
助かる希望があるならと、決断しました。

手術は終えました。

チョッパーも生きていました。

またもや石が大量に発見されて、
尿を自然に出す機能が働いてなくて、腎盂炎のような感じ。

尿管に人工的な管を通すことによって、
ある程度までは尿を排出していき、自然に出せるようにしようと。


痛みや刺激に繊細なミニブタには、
7時間にもわたる手術を2回も受けることは、
精神的にも体力的にも、相当厳しかったんでしょうか。



手術を終えた翌朝、チョッパーは死んでいたそうです。




眠ってるうちに、息絶えたようで、安らかな顔してたって。
大好きなご飯を、やっと思い切り食べれると思います。
ズット苦しかったやろから、やっとゆっくり眠れると思います。

ユカッチもツラいと思うけど、
彼女がチョッパーのタメにしてきた
「飼い主」としての選択や決断は、間違ってなかったと思います。

最善を尽くした。

ソレだけで、十分やと。


自分の飼い方や管理の仕方を恨むカモ知れへんけど、
ワガママに好きなように過ごせて
2年半ほどやけど、ユカッチとルーちゃんと生きることができて、
チョッパーは十分幸せやったって。

miyaはそう思います。

スポンサーサイト
| 愉快なmiya家 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する