12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-10-31 (Fri)

mixi日記で、ユカッチ(姉)がサラッと爆笑ネタ書いてて。
もぉソレ読んだmiyaは、カラダよじらせて笑ったっていぅ(爆笑)

あまりにもウケたんで、
ブログで書かせて~って懇願しましたあ

ちなみに、彼女は東京在住なんですね。
日々転がるネタに、一人大爆笑してんやけど、
東京ではホンマ人々は笑わんっていぅ。

他人に無関心ってゆーか。

めちゃくちゃおいしいネタ転がってんのに、スルーみたいな。
やから、ユカッチは日々闘ってるわけです。

以下のように…










久しぶりの日記更新でネタがたいしたことないので、
書こうか迷いましたが…

記録に残して置きたいので
書くことにしました。



とあるスーパーで買い物をしていました。
至って普通の、庶民的なスーパーです。

きっと地元の人たちに愛されているんやろーなという
感じにさせてくれる手作りの看板や、 レジに入っている人たちが
お母さんをイメージしてしまうような 和やかな人たちばかりでした。


「なんか落ち着くなぁー」


と買い物をし、レジに並んでいると。。。

突然後ろからものすごく大きな声が聞こえてきました!


「まいど、まいどー」


少し驚きましたが、どうやら後ろにあるお肉売り場の人みたいです。

あっなぁーんだ。よくある声かけかぁーと安心したのもつかの間、


「まいど、まいど、まいど、まいどー、まいどぉぉぉー!」


と激しく繰り返し、

もはやその時点で気になって仕方がなくなって、
そのお肉売り場の人を見ずにはいられなくなっていたnoaですが、


ちょっと小太りのおじさんが1人とその少し離れた所に若い感じの人が1人

どうやら、まいどまいどーとその2人でどっちが多く言えるのは争っている様子。


「まいど、まいど、まいどーまいど、まいどぉぉぉーーーまいどぉぉぉぉーー」

「まいど、まいどまいどまいどぉぉぉぉーーまいどまいどまいどぉぉぉぉーーまいどー」


とお互い負けられない様子でさらに激しく声を張り上げていきます。



その時点で、noaは笑いを堪えるのに必死で、
1人で笑ってるなんて恥かしいわ。。。と我慢していると、

さらにその小太りの人がテンションが上がりすぎて、


「まいどぅまいどぅー、まいどぅー、まいどぅー、
 まいどぅーまいどぅー!!!!」





まいどぅーって言ってる!!
ちゃんと聞いてもまいどぅーって言ってる!


しかもよく見るとめっちゃ口を尖らせて必至で言ってる!!



もう、あかん。。。
我慢の限界や。。。


さすがに他の人も笑ってるやろー
とそっと周りを見渡して仲間を見つけようとするが、




誰一人笑っていない。。。




そんな、、、ありえない、こんなにはっちゃけてるおっちゃんを前に。。。




プチパニックを起こしているnoaの背で、 肉屋の戦いは続いている。



若い人も負けじと

「よってよってよっててててーー!
 いらっしゃい、いらっしゃい、いらっしゃってぇーー!!」





もう、まいどじゃなくていいんや!!




誰か笑って…一緒に笑える人がいれば…



最終的にたどりついたのはレジの人。

やっぱり笑ってない。。。
それより、微動だにしない営業スマイルをnoaに投げかける。


くっ!!!


涙を悟られないように、
終わらない戦いの声を背に
スーパーを後にするnoaであった。



スポンサーサイト
| 愉快なmiya家 | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する