12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-08-06 (Wed)
あれから、引き続きジィジが飲み食いしません。


点滴だけで生きてるよぅなもんです。


ふ~みんから朝メールがあって、
「お父さんは今日仕事やから、一人でおじぃちゃんの見舞いに
行こうかと思うんやけど、予定ないなら一緒にどうかな」
と。



今日はバイトもなかったんで、一緒に行くことにしました。

ふ~みんと待ち合わせして病院へ行ったんです。


こないだお父さんとふ~みんと3人で
見舞いに行った時よか、明らかにジィジは元気がなかった。



意識はあるけど、目はほとんど閉じてた。
少し呼吸が荒くて、心配でした。





婦長さんに話を聞いたところ、
ジィジは食べれない飲めないんじゃないんですって。



食べない、飲まないんですって。



水やお茶を口に運んでも、ペッて出すらしい。
ご飯も一緒。

お風呂入れてもらって、絶対ノド渇いてんのに、
飲もうとしないし、病院はお手上げらしぃです。





なんでジィジがそんな自暴自棄になるんか。


死を覚悟してるんか、あるいはもう1つの理由か。

miyaはもう1つの理由やと感じた。



長年一緒に歩んできて、自分を最も必要としてくれるはずの人が、
自分を見捨てたとわかったら、人って生きて行こうと思えへんやろ。


それぞれの事情があるから、
どぅしてとか、あぁ言えとかmiyaは言えへんのかも知らん。


でも、「もしも」の時までは、全力を尽くすっちぅんが
夫婦として最良の選択じゃなかったんかって疑問に思う。





じゃないと
悲し過ぎるやんか。


| 愉快なmiya家 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する