12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-07-15 (Tue)

昼にやっとこさユカッチが新大阪に到着したんで、
おじぃちゃん家&病院のある「今里」で待ち合わせ。


久しぶりに会うユカッチは、こんなタレ目やったっけ?
って笑ってまうくらいタレ目でした笑



灼熱の中歩き、先にランチで休憩↓
からあげ定食
miyaはからあげ定食を頼みました。
こんだけ充実してんのに、650円は安過ぎぃ。




そっから気合入れて、またもや暑い中歩き回りました。
サッチ情報間違いのおかげで、ムダに迷って歩くハメに。

二人にフゥフゥ言いながら。
天然なアイツは、買ったばっかのアイスふっ飛ばしながら。
後ろ歩いてたチャリのオッチャンを若干切れさせながら。

暑さでおかしい気味になって、不思議笑いが勃発しながら。




やっとこさ、おじぃちゃん家到着!!!


家にはおばぁちゃんだけが居て、久しぶりには変わらんので
少しお邪魔してお話しました。
おばぁちゃんは痴呆症全然出てへんから、記憶もしっかりしてて
昔の話とかを懐かしそぉに話してくれました。

3人でキャッキャした後、すぐ近くの病院へ向かいました。




おじぃちゃんは、ちょーどクスリを飲んだ後らしく、眠りこむ寸前やった。
ユカッチとmiyaで顔覗かせて、声をかけてみたけど、あんまり反応ナシ。

腕をさすりながら「おじぃちゃん。ユカッチが東京から来たよ」
miyaが言うと、クスリの眠気に必死に対抗して目を開こうとしてた。

声をかけるたびに、一生懸命目を開いたままで居ようとするんが
ちょっと可愛そうやったんで、
「いいよ、おじぃちゃん。ゆっくり寝て。また会いにくるからね」って言うと、
おじぃちゃんは頷いて、眠りました。



一目見れただけでも、良かったってユカッチも安心した様子やったんで、
miya達は次なる場所へ出発。





いざ、ふ~みんサプライズへ。
スポンサーサイト
| 愉快なmiya家 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する