12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-12-30 (Sun)
過去の手紙で、1番多かった差出人はyuuyuでした。


yuuyuは、高校1年のクラスで出逢った友達デス。


出逢いに順序なんかありませんが、
敢えて言わせてもらうと、この子との出逢いが1番だと思います。
ちなみに2番はチナモグね(笑)


yuuyuとmiyaはヤバいくらい考え方が似てました。
好きな音楽とか服の趣味とかは、全然違うんですよ。
考え方です。

高校1年の時、二人で約束したんが
「高校生活、思いっきり青春したろーな」でした。

やから二人でいろんなコトしましたよ。
行事やって「ダルい」「めんどー」とか言って後ろに下がったコトないです。
「こんなんできちゃうん高校生のうちだけや」って
常に率先して満喫してました。

学年変わってクラス違っても、その考え貫いて
それぞれの場所で頑張ったり楽しんだりしてました。


進路のコト考え始めた時、
yuuyuとmiyaは同じ志望大学でした。
その理由は二人ともオニのように英語が好きやったから。
必然的に語学で有名な大学を選んでたんね。

塾も同じでした。

yuuyuは高校ん時から留学したりしてたから
めっちゃ英語できるし、miyaも頑張ってついてってたわけです。


ある日、yuuyuがmiyaに
「好きな人ができた」って言うんです。

ソレは20歳ほど年上の、イギリス人でした。


yuuyuのキモチが通じて、二人は晴れてカップルになりました。




それから半年後。

受験も近くなった頃、yuuyuが泣きそうな顔で言いました。

「妊娠した」って。



耳を疑いました。
妊娠だなんて高校生には、程遠い話ですから。

市販の検査もしたし、病院でも確かめたって。



miyaの第一声は「おろした方が良い」でした。


だってまだ17歳やで?
これから大学行って、英語使って仕事したい言うてたやん。
その才能にだって恵まれてる。
付き合って半年やで?!
yuuyuはともかく、相手は十分良い大人やのに何で避妊してへんねん!

もぉそら怒りしかなかったですよ。相手の男性に対しての。


そっからyuuyuは自分なりに
一生懸命考えた結果、産むコトに決めました。


miyaはその決断がどぉしても理解できひんかった。


そしたらyuuyuがmiyaに言うんです。
「今回産まんかったって、またいつか妊娠して子供はできると思う。
でも次の子産んだ時な、今お腹に居る子をおろしたんやって、
殺してしまったんやって、自分を責めてしまうと思うねん。
ほんまはあの子が居たのにって。あたしそんなん耐えられへん」


ただモンじゃないと思ってたけど、ココまでスゴイ子やとは。
ガッツーンきました。

そんな考え、17歳の高校生ができますか?

もしmiyaが同じ立場やったら、絶対できひん。
我の人生第一で、キット子供の生きる権利なんかムシしてしまってたやろな。



その後yuuyuは、お腹出てきても卒業まで学校に通い続けた。
妊婦は半端じゃない睡眠時間取らないかんから、
体育の時間とかに、一人教室に残って寝てた。

過去に生徒が妊娠したコトあったけど、
みんな学校辞めてったんやって。


やけどyuuyuはちゃんと最後まで通って、みんなと卒業したんです。
悪阻もヒドかったやろうに。
この先不安ばっかやったやろうに。


自慢の友達以外、表現できませんわ。



yuuyuは、みんなが大学行ってそれなりにキャンパスライフを
楽しんでいる間、子育てに奮闘してました。
後々聞くと、かなりツラカったみたいですね。

みんなと違う世界にポツンと取り残された日々やったから。


そんなyuuyuは、今3人の子供と旦那サンと幸せに暮らしてます。


この年代になって、ようやく周りも結婚や出産の話が増えてね
yuuyuは「やっとあたしの時代がきたわっ絵文字名を入力してくださいって喜んでます。


ハーフの可愛い子チャン3人連れて、楽しそうデス。


そんなyuuyuとの手紙を読んでたら、めっちゃ会いたくなりました。


年明けにでも、お誘いしましょかね四葉


| おぉ心の友よ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する