123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-12-24 (Sat)
夏に、とっても嬉しい再会がありました。

今や1年に1回、集合できれば
超ラッキーなレベル。

高校時代のマブトモ、ゆうゆとあーちゃん。
miya人生において、多大な影響を
与えてくれた親友であり、
この2人なくしてmiyaの青春時代は
築けなかった。
そう言っても過言ではない存在です。

ゆうゆは、実は高校3年生の時に
長男を妊娠したので、
いまや3人の子供を立派に
育てるママです。

あーちゃんは、シングルマザーで
娘ちゃんと2人仲良く暮らしています。

今回集合したのは、
miya実家付近にあるカフェabout coffee

ここは、店内もおシャンティな上に、
ワンプレートランチが美味しいんです☆









miyaがこの2人、大好きで
ホントに誇らしい親友だと感じるのは、
この2人が、高校時代と変わらず
キラキラ生きてるからかな?と思います。

生きてたら、歳を取るごとに
色々ありますよね。
楽しいことばかりじゃないですよ。

大人になると、責任も増えるし
不安や心配も増える。

でもその中で、小さくても
「これが私の幸せだ」と感じることを
ちゃんと見出せる人、見出せない人。
これは大きな違いが生まれるんですよね。

見出せない人は、人と比べて
自分には「ナイ」ものだけを探して

だから私は不幸せ。
だから私は幸せになれない。
だから私はこんな状態。
なーんて、不平不満ばっかり言うんですよね。

アレもあるのにね。
コレも、他の人にとったら
羨ましいと感じるモノなのにね。

自分に「アル」モノは見ないんだよねー。

ゆうゆとあーちゃんは、
もちろん前者です。

だから、きっと見えないところで
しんどいことや大変なこと、いっぱい
あるんだろうけど

「小さくても、私には幸せだと感じられる
モノがあるから」

前向きで、楽しんでいて
キラッキラッしてるんですよねー( ´ ▽ ` )ノ

もぉーこういう友達とカラんでいると
自分のココロも上がってくるのです☆

誇れる親友がいるということ
歳を取っても会えること
miyaにとってはコレも幸せー(=´∀`)人(´∀`=)

スポンサーサイト
| おぉ心の友よ | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する