12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-11-12 (Thu)


10月31日の明け方
徳島のバァバが亡くなりました。

今から3年前の2012年。
ゴールデンウイークにみんなで遊びに行って
大阪へ帰った途端、バァバが自転車でコケて
入院することになりました。

そこから一時は危篤状態にまで陥り、
miyaとサッチ(miya家長女)は、母親と交代しながら
病室で、ずーーーっと付き添っていました。

意識不明だったバァバ。

もうダメかとも思いました。

あまりにも急過ぎて、みんな混乱して。

いやだいやだいやだいやだ。
こんな急にバァバとサヨナラするなんて
絶対いやだいやだいやだ。

そんな思いが通じたのか。

サッチと夜中付き添ってる時、
バァバの意識が戻りました。

ちゃんとmiyaだってわかってくれて。
手も握り返してくれて。

あぁ。
もう大丈夫だ。

そう感じて、心から安心したのを
覚えています。

そこからの3年。

miyaの母ふーみんとその妹2人の
三姉妹でチカラを合わせ、

数週間ごとに交代で徳島へ行き
バァバのお見舞いや、ジィジの生活の
サポートなどをしていたのが、半年ほど。

転倒による怪我が完全回復してからは
入所待ちの老人ホームに
何度も掛け合い、何とか次に入所させて
もらえないかと頼みこむ日々。

要介護認定を受けたこと、
バァバは車椅子メインの生活になり
ジィジと2人で自宅療養は難しいこと、

すべてがちゃんと認めてもらえて
晴れて老人ホームに入所できました。

ジィジは、毎日、朝昼晩とお見舞いに
行き続けました。

バァバは前みたいにスタスタと歩けないし
疲れやすい身体になっていたので
孫たちと出かけることも困難になりましたが

相変わらずパンや甘いもの大好きで。
ジィジとクチ喧嘩もするし、
これやってーあれやってーなんて
娘や孫たちにワガママ言えるくらい
元気になっていました。

まとまった休みには、孫たちが
バァバの施設に集まり
お誕生日会や施設のイベントを
バァバとジィジと共に過ごしました。

ジィジとのクチ喧嘩も少なくなり
施設では2人で手をつないで写真を撮ることも。

このまま2人とも、もっともっと
長生きしてくれそうだなーと安心していた時。

バァバが肺炎にかかり、
施設では処置できないため
病院へ入院することになったと
連絡が来ました。

肺炎は、高齢者の死亡原因3位だったかな。
とにかく抵抗力のないバァバには危険な病気。

母ふーみんは、すぐに徳島へ駆けつけました。

その時は、少し元気がないバァバだったそうで。
でも命に別状はなさそうとのこと。

投薬で少し様子を見ないとね、ということで
母ふーみんも大阪へ戻っていました。

そこから1週間も経たないうちに
状態が悪化したと連絡があり、
母ふーみんと、長女サッチが徳島へ。

その状態がどれほど緊迫しているのか
よくわからず、仕事を休んで駆けつけるか
どうか悩みました。

金曜日だったので、とにかく今日は仕事へ行き
翌日の土曜日のアサイチで行こうと考えていて。

金曜日の朝、
いつも通り、会社が入ったビルの1Fへ到着。

その時、ふとサッチに電話してみようという
気持ちになりました。

母ふーみんは、何か更に異変があってから
駆けつけてくれたら良いから
状況報告を待っててくれたら良いよって
言うんですよね。

でも、娘に気を遣ってるのが分かります。

ここは正直なところを、サッチに
聞かないとなーと思い立ち
事務所へ行く前に電話をしました。

そしたら、サッチは泣いてました。

「もうおばあちゃん、ダメなんかも…」
って、泣いてるんです。

あー
翌日のアサイチとか悠長なこと
言ってられないんだ、やっぱり。

その場で、徳島行きのバスの空きを確認し
事務所へダッシュして、同僚に事情を話し
その日入っていたミーティングなどは
全て同僚にお願いして

急遽、有給にして徳島へ向かいました。
スーツのままで。

バスの中で、ずーっと
私が行くまで生きて待っててよ、バァバ!!
って、ずーっとずーーっと祈っていました。

徳島に到着し、サッチが迎えに来て
くれたので、すぐ病院へ。

病室に入って、ビックリ。

バァバは、自分で呼吸すらできなくなっていて
呼吸器で何とか息をしている状態でした。

サッチが到着した夜中あたりは、
この呼吸器をつけていても、呼吸が苦しくて
本当に苦しそうにもがいていたそうです。

あらゆる薬を投与しても、状況は変わらず
これが最後の投薬になりますと、
医師に宣告されたものが、少し効いて。

miyaが着いた時には、
まだ穏やかな方だったみたいです。

ただ、その投薬が効かなければ
もう投薬をできるものがなく
その時は諦めて下さいと言われたそうです。

つまり、最後の延命治療でした。

薬で意識朦朧としていたバァバですが
「バァーチャンmiya来たよー!!わかるー??」
って話しかけると、コクンとうなづいてくれます。

手を握ると、不安なのか
ずーーっと握りしめていました。

それにしても、呼吸器により
身体全体で大きく息をし続けているバァバ。

この状態で、いつまで体力がもつのだろう。
それは、そう長くない気がしました。

でも会えて良かったな。
ただ、それだけ感じました。

正直、この状態が明日も3日後も
続くのかわからない。

着の身着のままで駆けつけたmiyaは
母親になだめられて、一旦サッチと
大阪へ帰ることにしました。

おそらく、夜中から明け方にかけて
山場だろうなと思っていました。

母親になだめられたとは言え
帰ることを決めたのは自分です。

翌朝目がさめると
母ふーみんからメールが入っていました。

明け方、バァバが亡くなったよって。

バァバ、生きようって必死に頑張ってたのにな。
帰り際、「またすぐ来るから、それまで
頑張って回復しててよ!」って話しかけたら
力強くコクンとうなづいてたのにな。

そこから、悲しくてイッパ泣きました。

朝起きて、しくしく泣いてるmiyaに
「miyaちゃん、良かったね。
生きてるおばあちゃんに会えたもんね」
って、山口さん家のツトムくんが
言ってくれました。

その時、ハッとしました。
勝手な思い込みだけど、miyaがバァバに
会えるまで、バァバ頑張ってくれたんだなって。

本当に、本当にありがとうバァバ。って
悲しかった気持ちより、感謝の気持ちが
大きくなりました。

そこから、山口さん家のツトム君と
徳島へ行き、お通夜とお葬式に参加しました。

バァバの姿を見た時、
「あ、空っぽだ」と感じました。

昔は、亡くなった遺体を見て
まだ生きてるんじゃないか
ここにまだその人はいるんじゃないか
まだ連れていかないで神様!なんて
思っていましたが

何故だか今回は全く違う感覚で。

あ、ここにバァバはもう居ないやー
って感じたんです。

本当に、人間のカラダって、うつわなんだなって。
バァバは重たくてしんどいカラダから
出て行って、自由になったんだなーって。

残された人は、大事な人が居なくなっても
この世で生きていかないといけない。

「生きがいがなくなってしまった」って
ジィジは、ずっと泣いていました。

そうだよね、
365日、毎日、3回バァバに会いに行ってたもんな。
徳島でヒトリになっちゃうもんな。

miyaたちとは比べものにならないくらい
寂しくて、悲しくて、つらいよな。

これからジィジを、娘や孫、
その家族で支えていかないと。

毎年夏に遊びに行っていた徳島。

バァバにはもう会えないんだと思うと
本当に寂しいですが
生きているジィジを、みんなで守って
いきたいなと、改めて感じました。

同時に、この世で一緒に過ごせるのは
親も兄弟も旦那も
ほんのわずかな時間だけなんだと。

だから、ヒトも自分も大事にして
わずかな時間を生きていきたいと
強く思いました。

そう思わせてくれたバァバに
感謝しっぱなしのmiyaです。
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2014-08-24 (Sun)


もう数ヶ月前ですけど
高校時代の親友と女子会しましたw

地元のオッシャーレなカフェで
ランチコースしちゃいました☆

ランチだけでかれこれ
4時間くらい滞在しましたよ。

4時間しゃべくりてスゴイなーヽ(*´ェ`*)ノ

子供が3人、長男は中学生になったゆうゆと
愛娘の育児に奮闘中のあーちゃん。

2人とも仕事と両立してるってんだから
すごい!!!

年代的に、ママになってる友達が
かなり増えて、色々話聞いてるけれども

仕事より育児のが大変だと、毎回感じる。

仕事もそりゃストレスやプレッシャーなど
大変なことあるけど
自分の時間は確保できるわけで。

ちょっとした通勤時間や
お昼休憩とかさ。

何だかんだ言って
1人でポケーーとする時間があるわけです。

ママ業は、それが一切ないですもんね。
特に子供が小さい間は。

そりゃーもう大変だと思うよ。

それプラス仕事してるとか。
miyaからしたらもう神の域だわ。

普段こうしてゆっくり話せない友達の
生活や人生、育児や仕事の話を
聞くのって、ホントにホントに楽しいし
勉強になりますね。

もぉーmiyaの話はどーでも良いから
とにかく色々話聞かせてー!!
ってなるwww

基本、人の人生や考え方に
興味がある人間なんだねmiyaは。

そう考えると
今の仕事はまさに天職ww

趣味を仕事にできてるもんだーヽ(*´ェ`*)ノ

そういや、ゆうゆの長男くんは
中学生になったわけだけども

彼女ができたりして
ゆうゆがジェラシーに燃えてた話が
めちゃウケたww

それでもってプチ反抗期で
長男からは煙たがれるわけで。

こっそり寝てる間に頭撫でたり
イチャつきに行ったら
長男起きてブチ切れ、みたいなwww

なんか、ゆうゆの愛情表現が
ストレートで素晴らしい!!ww

へこたれずに子育てする中で
ゆうゆ曰く、
「娘がココロの支え」らしいですよ☆

やっぱりある程度の年齢になったら
女同士わかり合えることも多いのかなw

なんか皆の話聞いてたら
家族ってホント良いなーと
思いました(=´∀`)人(´∀`=)
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2009-09-24 (Thu)

連休中、会社の仲良くなったヒトと、カラオケに行きました。

名古屋出張で仲良くなったOチーフ(女子)と、
あまりカラんでないのにナゼか仲良くなったF主任(女子)。


コトの始まりは、F主任と昼休みに雑談してて。
バンドのボーカルをしてるっちぅ話になってね。

やっぱそんなん言うてまったら、
バンドのボーカル=歌上手い って方程式になりますやん。

いや実際んトコ、バンドのボーカルなんて、大半が自己満なんで
必ずしも上手いってわけじゃないんですってばって結構訴えたんですが。
「聴きたい!!」ってモーレツなアタックに負けまして。

この度カラオケ行くことなりましたアセ


あぁ…言わんかったら良かった…

ただのカラオケ好きやーゆーといたら、
「ただのカラオケ好きにしちゃー上手いやん!!」ってなりそぉやけど、
「ボーカル」とか言うて、自らハードル上げてまってる気がします(笑)


てなもんで、こういう事態によくなるんですが、
勝手に一人でプレッシャーになってんですよね(爆笑)

でもまぁ、ご期待に添えることができたよーやし、
何よりめっちゃ楽しかったんで、良かったとしますアップロードファイル

miya入れて、3人は年代も近いほうなんですが、
選曲とかも様々な種類で、聴いてても楽しかったしね。

知らん曲とか、miyaが絶対歌わんよーな曲とかでも、
miyaむっちゃ歌詞聴いたりしてまうんですよねー
こんないい曲あったんやーって、勉強になります。

コウダクミの「you」でしたっけ?
曲自体はそんなキョーミ注がれませんでしたが、
PVがドラマ仕立てなんですね。

で、そのストーリーにホンキで泣きそぉになりましたうるっヤバシ…

また見たいんで、ガラにもなくコウダクミとか歌えるよーにしよかな(笑)ナハハ

| 未分類 | COM(4) | TB(0) |
2008-12-28 (Sun)

一昨日、ナゾの病にヤラれまして
リバースし続けたmiyaですコンニチハ。

おかげで若干顔がホッソリしましたyoモアイ(ニヤリ


ほんまナゾ。


風邪でもないし、インフルでもないし。


仕事の引継ぎ2日目やったんですけど、
昼食べて、3時くらいから、あり得ない吐き気と頭痛に襲われて。

引継ぎに早退とかありえんし、必死のパッチで我慢して。

意識モウロウとしてきたし、さすがに一人で帰れんカモやし
こりゃ仕事終わったら、救急車呼ばないかん系やなーなんて。


終了時刻になって、サササーとトイレ行ったら我慢できずリバースしょんぼり

でも、そのおかげで気持ちマシになって、フラフラと電車で帰宅。
乗り継ぎとか電車乗ってる間とか、完全記憶ないです。



んで家着いたソッコーまたもやリバースなnakineko
もぉ吐くモンないない。

熱もないしなー
おかしいよなー

あ。山口さん家のツトム君の、ご飯作らないとー

言うてる間に、布団に倒れ込んでました。



気付いたら、23時。
まさか、まさか、の久しぶり激しい胃腸痛。
残業ピークで、ツトム君はまだ帰宅してなくって。

気持ち悪いし頭ガンッガンするしで、
miyaこのまま死ぬんちゃうか?と不安なって、
ビィービィー泣いてツトム君に電話しました。

かんっぜん子どもですスミマセン…



ちょーど仕事終えて今から帰宅やったみたいで、
急いで帰るから!!!ホントにヤバかったら救急車呼びなよ!って。


こ…
こんな乱れに染めし姿で…

きゅ…救急車なんて…

いや…



なんて、しょーもない理由でウジウジして、結局我慢して。




また意識飛んで、気がついたら
心配そうにツトム君が手を握ってくれてました。

異常にノドが渇くので、夜中目覚める度にポカリ飲んで。

そしたら大分マシになって、明け方には安眠できるようになりました。




次の日も、食欲が全く出なかったんで、ちょっとしか食べれず。

でも今日は、大分回復しました。


結局熱も出なかったし、鼻水鼻づまりもないし。
風邪っぽくないんだな。

あの日だけやったのがナゾ。


年末年始、楽しく過ごすために、早く元気にならなければ…



皆々様もお気をつけて。
ご自愛ください。


| 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2008-01-26 (Sat)
今回、実家を出るコトを決心した理由は様々ですが、
家族や兄弟等からは、何も今出る必要はナイのでは?とお声を頂戴します。


まぁ第一には、やはり山口サン家のツトムさんです。
今まで付き合って来た彼氏方と同棲の話は度々浮上しましたが
話して一瞬盛り上がる、で終わりです。

いざホンキで住むとなったら行動できない。
つまりは、自分の中でもソコまでリアルに想像できなかったんです。

ところがツトムさんの場合は違いました。

このヒトとやったら…的な想像ができました。
そんで向こうも同じように感じてくれたから実現に至ったわけです。




まぁ長期間同棲されてる方やら、
経験ある方はたまたご結婚されてる方からしたら
「そんなん最初だけぇや」って思うカモですが、
毎日夜には好きなヒトに会えるって良いじゃないですか。

遊びに行っても、そのまんま一緒に帰れたり。
休み前に夜中二人で街に遊びの旅出れたり。
夜ランニング一緒にできたり。一人やと危ないんでね。


まぁそんなこんなで誰しも一度は憧れるコトを、できるっちうのが魅力ですね。





もう一つ大きな理由は「自立」です。
むしろコッチのが大きい理由かも知れません。

miyaは今まで1度も家を出たコトがない。
末っ子っちうこともありますが。

実家に住んでる方はわかると思いますが、
ありえないくらいありがたい場所です。
ホンマに。


仕事から帰ってクタァってなってても、ご飯用意してくれるし。
洗濯物とか、日々のちょっとしたお掃除もそうですね。
買い物も。

そら良い歳なんで手伝いますよ。

やけど、あくまで「手伝う」なんですよね。
ソレで「あたしある程度家事できる」とか言うのはお門違い。
miyaはそんな気がするんです。



miyaは働いてるけど、半分学生みたいなもんやし
実家の方が生活面でも経済面でもラクやし、助かるんです。正直。


やけど、やっとこさ「このままじゃいかん」って、自立心が芽生えてきました。



「自由」の裏側に「責任」がありますよね。

実家では外泊続いたらうるさいし、歳の割に自由はないです。
何歳であろうと、一緒に住むっちうことはある程度ルールにのっとって
生活しないとダメなわけですよ。
でも上記に述べた通り、その分の見返りはあるわけです。


実家を出ると、自由です。
でも全部自分で責任持ってやらんといかん。

敢えてその状況を今回選ぶんは、チト厳しい状況に入って
自分の自立を促したいからです。


miyaと同い年で、3人の子供居る子もいるし、
知り合いの居ない場所で、一人で自活してる子もイッパイ居ます。
そういう子達をすごく尊敬します。

やから、ここいらでmiyaも頑張ってみたいんです。


そやってユカッチもサッチも自立して出て行きました。


miyaの場合、彼氏といえど他人と住むっちうコトで
余計ハードル上がります。

親じゃないからね。
家族じゃないから。

生まれた場所も、育った環境も、生活スタイルも違います。


同じよーに我がままできませんから。


同じよーな待遇でもないですから。




難しいと思います。

こんな歳で言うんも恥ずかしいんですが、
かなりのお母さんっ子です。

ユカッチやサッチが出て行った後は、このブログにも書いてて
わかるとは思いますが、お母さんと過ごす時間が長かった。

やからホームシック覚悟ですよ(笑)


でもソレで幸せに暮らしてる方々も沢山居るので、
できないことはないと思います。


ソレ以上に、自分の成長や見識が広がったら、願ったりじゃないですか。


| 未分類 | COM(0) | TB(0) |